阪神 メッセ6回1失点 バッキ―以来2人目の虎助っ人50勝

[ 2014年8月19日 21:24 ]

<神・中>阪神の助っ人ではバッキ―以来となる通算50勝に到達したメッセンジャー

セ・リーグ 阪神8―1中日

(8月19日 京セラD)
 阪神が初回に4点を先制するなど序盤に大量得点を挙げ快勝。6回1失点と好投した先発のメッセンジャーはハーラー単独トップに立つ11勝目を挙げ、阪神の助っ人ではバッキ―以来2人目となる通算50勝目に到達した。

 初回に中日の先発・朝倉を打ち込み、5安打で4点先制。2回にはゴメスの適時二塁打、4回には鳥谷の適時二塁打などで追加点を奪い、4回を終え7―0。大量援護をもらったメッセンジャーは6回に連続四球で招いたピンチで浴びた適時打1点に抑えた。

 中日は初回の無死一、三塁の先制機を逃すとその裏に4失点。2回5失点で降板した朝倉に続き、救援の岡田も2回2失点と流れを止めることができなかった。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年8月19日のニュース