美馬 初勝利にも「悔しいです」 苦手ハム打線に2発浴びた

[ 2014年4月8日 22:34 ]

日本ハム戦に先発した楽天・美馬

パ・リーグ 楽天11―7日本ハム

(4月8日 札幌D)
 楽天の美馬は今季初勝利にも「悔しいです」と5回7安打5失点の内容に浮かない顔だった。3回に死球が絡み、陽岱鋼と中田にともに2ランを浴びて4失点。昨季、許した11本塁打のうち最多の4本を打たれた日本ハム戦で課題が露呈した格好だ。

 直球に精彩を欠いた。「スライダー頼みになったところを狙われた」と言うように、2本塁打は甘くなったスライダーだった。「投球の基本のストレートをしっかり投げられるように修正していかないといけない」と次戦に向けて反省した。

 ▼ユーキリス(今季初の複数安打で4打点)「効果的にヒットを打てた」

 ▼藤田(4安打)「出来過ぎです。甘い球を積極的に打てた」

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年4月8日のニュース