人的補償の一岡が東京D凱旋 原監督「カープのも似合っているな」

[ 2014年4月8日 18:04 ]

 FAで巨人に移籍した大竹の人的補償で広島に移籍し、今や勝利の方程式の一角を担う一岡竜司投手(23)が8日、巨人戦で東京ドームに凱旋。古巣のナインやスタッフらにあいさつして回った。

 原監督からは「ジャイアンツのユニホームも似合っていたけど、カープのも似合っているな」と笑顔で握手を求められ、右腕は恐縮しきり。「“役割(セットアッパー)があっていいな。でも、役割を守るんじゃなく、登っていかないとダメだよ”と言ってもらいました」とし、古巣指揮官の激励に感激していた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年4月8日のニュース