“つなぐ3番”銀次、4安打2打点!「必死にやってます」

[ 2014年4月8日 22:33 ]

<日・楽>初回無死一、三塁、先制の適時打を放つ銀次

パ・リーグ 楽天11―7日本ハム

(4月8日 札幌D)
 先発全員安打の20安打を放った楽天打線を、3番・銀次がけん引した。初回に四球と安打で無死一、三塁の好機をつかむと、きっちりレフト前に適時打。日本ハムの先発メンドーサに落ち着く時間を与えない“電光石火”の攻撃で先制点を奪い取った。

 さらに2回以降もそのバットは止まらず、5打数4安打2打点。「藤田さんが塁に出るので、自分も必死に後ろにつなごうとやっていました」と胸を張った。

 銀次の前を打つ藤田も5打数4安打と大当たり。この日2安打の1番・岡島を含め、上位打線が出塁し、4番・ジョーンズ、5番・ユーキリスが控える打線は脅威だ。「きょうの勢いであしたも打って勝ちたい」と銀次。チームの連勝に笑顔を弾ませた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年4月8日のニュース