オリ伊藤「ホッとした」 26打席目の今季初安打は先制2点打

[ 2014年4月8日 19:18 ]

<オ・ロ>2回2死二、三塁、伊藤が左越えに先制の2点適時二塁打を放つ

パ・リーグ オリックス―ロッテ

(4月8日 京セラD)
 6連勝中で首位のオリックスが勢いそのままに先制した。

 2回2死二、三塁で、9番の伊藤が左翼越えとなる2点適時二塁打。伊藤は開幕から9試合、25打席で無安打だったが、26打席目に値千金の先制打を涌井に浴びせ、「チャンスだったので、とにかく何とかしたかった。先制できて良かったし、個人的にも1本出てホッとしています」と喜んだ。

 伊藤は昨年137試合に出場し、打率・285とブレーク。下位打線ながら、今季も期待大だ。

 さらに3回には坂口の2点適時打も飛び出し、序盤で早くも4点をリードした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年4月8日のニュース