堂林 貴重な代打2ラン それでも危機感「チャンスで結果出さないと」

[ 2014年4月8日 22:48 ]

9回広島2死三塁、代打堂林が右越えに2ランを放つ

セ・リーグ 広島4―1巨人

(4月8日 東京D)
 広島の堂林が1点リードの9回に代打で勝利をたぐり寄せる2号2ランを放った。

 マシソンの外角高めの速球を振り抜くと、打球はきれいな放物線を描いた。ベンチの起用に応え「速球を待っていた。打った瞬間、入ると思った」と口元を緩めた。

 サヨナラ本塁打を放つなど派手な活躍を見せる一方、不安定な守備が災いし、今季の先発起用は2試合にとどまる。「今までよりも打席数が減っているし、少ないチャンスで結果を出さないといけない」と危機感すら漂わせた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年4月8日のニュース