ペーニャ痛っ…左手首に死球 9日出場は「大丈夫」

[ 2014年4月8日 22:38 ]

8回、左手首に死球を受け一塁に向かうオリックスのペーニャ

パ・リーグ オリックス4―0ロッテ

(4月8日 京セラD)
 オリックスの4番ペーニャが8回、ロッテ3番手の益田から左手に死球を受け、途中交代した。

 8回に先頭打者で登場したペーニャだったが2ボール2ストライクからの5球目、142キロ直球が左手首に直撃。痛みをこらえて一塁まで歩いたが、代走・縞田が送られた。

 ペーニャは移籍1年目の今季、10試合で6本塁打を放つなどの活躍でオリックスの快進撃に大きく貢献。病院には行かず、9日の出場は「大丈夫」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年4月8日のニュース