森脇監督がオーナー報告 就任2年目へ決意述べる

[ 2013年10月30日 21:21 ]

 オリックスの森脇浩司監督が30日、東京都内のオリックス本社で宮内義彦オーナーに今季の報告をした。就任1年目は5位に終わり「いろいろなところが、勝ちきるために不足している。私も含めて改善して臨みたい」と神妙な面持ちだった。

 チームは5年連続でBクラスに沈んでいる。森脇監督は就任2年目へ向け「勝ち負けだけに徹して戦っていきたい」と決意を述べた。宮内オーナーは接戦での弱さを指摘し「同じ力であっても、勝ちたいという部分に欠点があるのかもしれない。総合力を上げないといけない」と激励した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年10月30日のニュース