寺内「踏み込んで」決勝打“シリーズ男”襲名は「まだまだ」

[ 2013年10月30日 23:09 ]

7回に勝ち越し打を放ち、ガッツポーズする巨人・寺内

日本シリーズ第4戦 巨人6―5楽天

(10月30日 東京D)
 こういう男を“持っている”というのだろう。巨人に逆転勝利を呼び込んだのは、2番の寺内。7回、1死一、二塁で右前に落ちる適時打を放ち、決勝の1点が入った。

 3安打と当たっている長野が敬遠された直後の打席。原監督は自ら寺内に歩み寄り言った。「踏み込んで行け」。言われるまでもなかったが、これで吹っ切れた。楽天・長谷部のスライダーを強振した当たりは、バットのさきだったが、「落ちてくれ!フェアになってくれ!」いう思いが通じ、白線の内側に。二走の松本哲の生還を確認すると、一塁コーチャーの大西コーチと満面の笑みでハイタッチ。球場中のG党がオレンジ色のタオルをぐるぐる振り回した。

 第2戦は敗れたものの、楽天・田中からソロ本塁打を放ち、一矢報いるなど、セ・リーグのクライマックスシリーズと合わせると、2本塁打5打点で打率3割2分。“シリーズ男”の冠も付きそうな雰囲気だが「まだまだ。全然足りない」と“襲名”は拒否。巨人40年ぶりの日本一になった時にこそ、欲しい称号であることを示唆した。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年10月30日のニュース