拓大が先勝 北條主将「後輩達に何かを残せるように」

[ 2013年10月30日 14:47 ]

<青学大・拓大>4打数3安打1打点とチームをけん引した拓大・北條主将

東都大学野球秋季リーグ第8週 拓大5―3青学大

(10月30日 神宮)
 拓大が青学大に先勝した。初回、打者一巡攻撃で一挙5点を奪って試合を決めた。
 
 5番DHの北條が1死満塁から一、二塁間にゴロを放ち全力疾走。先制の適時内野安打をもぎとった。拓大は今季2部から昇格し、すでに1部残留を決めている。立役者の主将は「4年生は最後まで思い切ってやる。後輩達に何かを残せるようにやりたい」と話した。

 内田俊雄監督は「あんまりいい打撃じゃなかったけどね」と言いながらも、笑顔だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年10月30日のニュース