ヤクルト・川端 侍で苦手克服だ「配球とか攻め方とか聞けたら」

[ 2013年10月30日 06:00 ]

 侍ジャパンに選出されたヤクルトの川端が呉越同舟の台湾遠征を心待ちにした。

 オーバーエージ枠を除けば西武・炭谷、中日・平田とともにチーム最年長だが「他のチームの選手と一緒にやる機会はなかなかない。セの投手はこれからも対戦するし、聞ける範囲で話を聞きたい」と年齢に関係なく、年下選手とも積極的にコミュニケーションを図るつもりだ。特に広島・野村には2年間で34打数7安打、打率・206と苦しめられており「配球とか攻め方とか、聞けたらいいですね」と意欲満々だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年10月30日のニュース