JX―ENEOS初戦敗退 二大大会4連覇ならず

[ 2013年10月30日 06:00 ]

<パナソニック・JX―ENEOS>三上(中央)は力投も敗戦に顔を覆う

スポニチ後援第39回社会人野球日本選手権第2日1回戦  JX―ENEOS0―1パナソニック

(10月29日 京セラドーム)
 1回戦3試合が行われ、都市対抗大会と合わせて二大大会4連覇を目指したJX―ENEOSがパナソニックに0―1で敗れ、初戦で姿を消した。パナソニックのほかホンダ熊本、JFE東日本がいずれも延長12回タイブレークを制して2回戦に進んだ。

 <JX―ENEOS>3安打に抑え、10本の安打を放っても勝てなかった。前回大会、昨年と今年の都市対抗を制した勝負強さは鳴りをひそめ、難敵パナソニックに惜敗。大久保秀昭監督は「負けるときはこんな感じ。相手の方が粘り強かった」と淡々と敗戦をかみしめた。好投手秋吉を攻略しきれなかった。最後の最後まで1点が遠かった指揮官は「ミスが出たわけじゃない。精いっぱいやった結果」と唇をかむしかなかった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年10月30日のニュース