小久保ジャパンの4番は中田「どかっと中心に座って」

[ 2013年10月30日 06:00 ]

嶋(右)と言葉を交わす侍ジャパンの小久保監督

 侍ジャパンの小久保裕紀監督(42)が日本ハム・中田を4番に指名した。

 11月の台湾遠征に出場するメンバー発表から一夜明け、東京ドームで取材に応じ「中田は4番。どかっと中心に座ってもらいたい選手」と明言した。中田は今年3月のWBCにも出場。8月に骨折した左手小指はすでに完治し、今季は108試合で打率・305、リーグ2位タイの28本塁打を放った。小久保監督は「流れを変えられる長打力を持っている。僕はそのつもりで4番を背負ってきたし、それを重ねた」と期待を込めた。

 また、広島からドラフト1位指名を受けた九州共立大の大瀬良についても「即戦力として期待できる。結果を残せる」と高く評価した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年10月30日のニュース