宮川 危険球で退場…日本シリーズでは多田野以来2人目

[ 2013年10月30日 20:58 ]

4回巨人無死一、三塁、寺内が頭部に死球を受ける。捕手嶋

日本シリーズ第4戦 楽天―巨人

(10月30日 東京D)
 楽天の新人、宮川将投手が危険球による退場処分を受けた。4回無死一、三塁で寺内に対し、カウント3ボール1ストライクからの5球目を、頭部付近に当てた。

 宮川は1安打3四死球の乱調で1死も取れず降板。連続四球で走者をためて長野の適時打で1点を失い、続く寺内への頭部付近への死球で危険球退場を宣告された。

 日本シリーズでの危険球退場は、昨年の第5戦の多田野(日本ハム)以来2人目。日本シリーズでの退場は3人目。

続きを表示

この記事のフォト

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2013年10月30日のニュース