パナソニック、ヤクルトドラ3秋吉 154球0封で金星

[ 2013年10月30日 06:00 ]

<パナソニック・JX―ENEOS>7回2死一、二塁、秋吉は代打・石井を遊ゴロに仕留めガッツポーズ

スポニチ後援第39回社会人野球日本選手権第2日1回戦 パナソニック1―0JX―ENEOS

(10月29日 京セラドーム)
 <パナソニック>絶対王者を沈めた。ヤクルトからドラフト3位指名を受けている秋吉が8回1/3を154球の無失点。

 「ずっとENEOSに勝ちたいと思っていましたから」。JX―ENEOSの先発・三上もDeNAから4位指名を受けており、プロでの前哨戦を制し「チームにいい置き土産ができました」と勝利を素直に喜んだ。ただ、完封を逃したことには「悔しさはあります。ああいうところがまだまだですね」と課題を胸に刻んだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年10月30日のニュース