サンデー晋吾 ロッテスカウトに就任「今度はいい選手を発掘」

[ 2013年10月30日 12:29 ]

引退セレモニーであいあさつするロッテ・小野晋吾

 今季限りで現役を引退した小野晋吾氏(38)が、ロッテのスカウトに就任した。30日、球団が発表した。小野氏は93年ドラフト6位でロッテ入団。00年には13勝5敗でパ・リーグ最高勝率投手に輝くなど活躍し、日曜日に数多く登板したことから「サンデー晋吾」の愛称で親しまれた。今月6日の本拠最終戦で引退セレモニーが行われ、福浦を三球三振に打ち取っている。

 小野氏は「自分を育ててもらったマリーンズに、今度は自分がいい選手を発掘し、チームに恩返しできたらいいと思っています。スカウト業は初めての事なので不安はありますが、誠心誠意努力して頑張っていきたいです」と金の卵獲得へ意欲を見せている。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年10月30日のニュース