桐生第一 サヨナラ4強進出 小野田劇打&強気リードさえた

[ 2013年10月30日 06:00 ]

<桐生第一・霞ケ浦>1失点完投勝利を挙げた山田

秋季高校野球関東大会準々決勝 桐生第一2―1霞ケ浦

(10月29日 茨城・水戸市民)
 <群馬桐生第一>1―1の9回2死一、二塁から小野田が中前にサヨナラ打を放ち、霞ケ浦を破った。

 劇的な一打を含む3安打の活躍に「絶対に自分で決めると思っていた。まだ実感がない」と興奮気味に話した。守ってはエース右腕・山田を強気なリードで引っ張った。スタメンに8人の1年生を起用した福田治男監督は「プレッシャーがかかっていない1年生が普段通りにやってくれている」と目を細めた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年10月30日のニュース