岩国商 接戦を制し27年ぶりの夏切符 主将「目標は全国制覇」

[ 2013年7月29日 19:57 ]

山口決勝 岩国商2―1高川学園

(7月29日)
 岩国商が高川学園の反撃を抑え、27年ぶりの夏の甲子園を決めた。

 4回、満塁からのスクイズが悪送球を誘い2点を先制。エース高橋は終盤得点圏にランナーを背負ったが要所を締め、最少失点で切り抜けた。

 「選手が落ち着いていた」と中内監督。息詰まる接戦を制し春夏連続出場を決めた栗栖主将は「目標は全国制覇」と意気込んだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年7月29日のニュース