日大三 3連覇 1メートル67のエース大場「借りを返しに行く」

[ 2013年7月29日 06:00 ]

優勝を決めて、喜びを爆発させる日大三ナイン

西東京大会決勝 日大三5―0都日野

(7月28日 神宮)
 マウンド付近にできた日大三の歓喜の輪。1メートル67のエース・大場は、あっという間にナインに埋もれた。

 3万人が詰めかけた決勝の舞台で、101球での2安打完封。「めちゃめちゃ緊張していた。初回に点を取ってくれたので、楽に投げられた」と仲間に感謝した。

 許した走者は2、6回に浴びた単打の2人だけ。無四球で都日野打線を封じた。小倉全由監督が「きょうは大場に尽きる」と称える好投だった。

 大阪で生まれ育ち、小3から野球を始めた。チームは巨人などで活躍した桑田真澄氏と同じ「八尾フレンド」。中学時代はダルビッシュが巣立った「オール羽曳野ボーイズ」で全国大会にも出場した。そして、毎年正月はイチローらが通っていた鳥取の「ワールドウイング」でトレーニングに励んだ。体は小さくても、偉大な選手の背中を追いながら成長を続けた。ボーイズの先輩がいた縁で、高校は日大三を選んだ。

 昨夏の甲子園では、1回戦の聖光学院戦で2番手として登板した。簡単に追加点を許し、チームは1―2で敗れた。「自分のせいで負けた。借りを返しに行く」と心に誓った。「直球とスライダーだけでは甲子園で打たれる」と、今春からは130キロ台後半のカットボールとチェンジアップを覚えた。この日の決勝では最速143キロの直球を軸に変化球を織り交ぜ7奪三振。15の内野ゴロを奪った。

 前日は寮の風呂に3度も入り、計2時間にわたって右腕を入念にもみほぐした。2年ぶりの全国制覇へ向けては「自信を持っていきたい」。6試合75得点の強力打線が目立つチームで、小さなエースが野望を口にした。 

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年7月29日のニュース