伊東監督 継投裏目「早め早めと思ったが失敗した」

[ 2013年7月29日 06:00 ]

<楽・ロ>ベンチでさえない表情の伊東監督

パ・リーグ ロッテ4-5楽天

(7月28日 Kスタ宮城)
 ロッテは序盤の4点のリードを守れず4連敗。

 首位・楽天との直接対決で全て逆転負けを喫した伊東監督は「今回は全部流れが向こうにいった。早め早め(の継投)と思ったが、失敗した」と悔やんだ。1点リードの7回1死二塁で、先発の西野から松永に代えたが、枡田に同点の左翼線二塁打、8回2死から登板した3番手のロサも勝ち越し打を許すなど継投が裏目に出た。4月18日以来の3位転落。指揮官は「弱いですから。現状を見直して立て直します」と話した。

 ▼ロッテ・西野(6回1/3を4安打4失点で9勝目ならず)真っすぐ、変化球の感じも良く、調子も良かった。もっと考えて冷静に投げないと。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年7月29日のニュース