イチロー「ちょっとしびれました」 4安打でジーター復帰に花

[ 2013年7月29日 07:20 ]

レイズ戦で1試合4安打の活躍をし、ジーター(右端)、カノ(左端)から頭をたたかれ祝福されるヤンキースのイチロー

ア・リーグ ヤンキース6―5レイズ

(7月28日 ニューヨーク)
 ヤンキースのイチローは28日(日本時間29日)、ニューヨークで行われたレイズ戦に「6番・右翼」で出場。4打数4安打1打点で、日米通算4000安打達成へ残り16本とした。

 ヤンキースは1回、ジーターのソロ本塁打とウェルズの犠飛で2点をリード。なおも2死二塁からイチローが中前へ適時打を放ち、3―0とリードを広げた。イチローは3回2死から右前打、6、8回には先頭で中前打と4打席連続安打の大当たり。1試合4安打はメジャー通算50度目となった。チームは5―5の9回1死一、二塁からソリアーノの中前打でサヨナラ勝ちを収めた。

 ▼イチローの話(サヨナラ勝ちに)死にかけのところでギリギリつながった感じ。(復帰して初球を本塁打のジーターは)スーパースターでしょ。あれはまさにその証明。初球、いくだろうとは思っていましたが、あの結果にはなかなかならない。ちょっとしびれました。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年7月29日のニュース