中日 山崎が後任監督有力に “若返り、地元人気”で急浮上

[ 2013年7月29日 06:00 ]

引退報道で時折笑顔を交え報道陣に対応する山崎

 中日・山崎武司内野手(44)が、今季限りで引退することが28日、分かった。きょう29日に名古屋市内で記者会見を開き、正式に表明する。山崎は27日に出場選手登録を抹消されたことで引退を決意。ナゴヤ球場で「僕がこの時期に抹消になるということがどういう意味かは長いことやっているので分かっている。あす(29日)公の場で話をしたい」と語った。

 昨季10年ぶりに古巣に復帰。2度の本塁打王に輝いた長打力をアピールするはずが、1本塁打に終わった。クライマックスシリーズ終了後に去就について悩んだが、現役続行を選択。しかし、今季も39試合で本塁打なし。勝負どころの夏場での2軍降格を告げられ、ユニホームを脱ぐ決断に至った。現役野手最年長の44歳。トレードや2度の戦力外通告など波瀾(はらん)万丈だったプロ27年間に終止符を打つ。

 この日は午前9時から西脇紀人編成担当とナゴヤ球場に隣接する選手寮「昇竜館」で会談した。「いろんな話ができた。モヤモヤしていたけど、自分の中で励みができた」。今季限りで引退するが、シーズン終了までは戦力であることを両者の間で確認。今後は1軍再昇格を目指し、2軍戦にも出場する予定だ。

 チームは2年契約が切れる高木監督の今季限りの退任が決定的。球団はこれから後任探しを本格化させていくが、西脇編成担当は「今後の話はしていない」としながらも「あれだけの選手。非常に人気者だし、パ・リーグにも在籍していたけど、中日の選手だと思っている」と人間性も含めて高く評価。球団側が目指す「若返り」と「地元人気」を併せ持つ山崎が、後任監督の有力候補として急浮上してきた。

 ▼楽天・星野監督(中日と楽天で監督と選手。44歳までプレーし)体が丈夫だったからな。パ・リーグにいればDHもあるけれど、セ・リーグにはないからな。

 ◆山崎 武司(やまさき・たけし)1968年(昭43)11月7日、愛知県生まれの44歳。愛工大名電では甲子園出場なし。87年ドラフト2位で中日入団。96年に39本塁打で初の本塁打王を獲得。03年にオリックス、05年に楽天移籍。07年には43本塁打、108打点で2冠王。11年オフに楽天を戦力外となり、昨季から中日に復帰した。通算成績は2237試合で1833安打、打率.257、1204打点、403本塁打。ベストナイン3度受賞。1メートル81、105キロ。右投げ右打ち。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2013年7月29日のニュース