都日野 33年ぶりの快挙ならず「三高さんに勝てるチームをつくらないと」

[ 2013年7月29日 06:00 ]

日大三に完封負けし、号泣する都日野ナイン

西東京大会決勝 都日野0―5日大三

(7月28日 神宮)
 初の決勝の舞台に立った都日野だが、3年連続で日大三に敗退。西東京では80年の都国立以来、33年ぶりの都立勢の甲子園出場はならなかった。

 エース・池田は3回までに4失点を喫し「後輩には甲子園まで頑張ってほしい」と声を絞り出した。嶋田雅之監督は「自分たちの練習したことをちゃんとやれば、都立も私立もない。三高さんに勝てるチームをつくらないと甲子園には行けない」と巻き返しを誓った。

 ▼アンジャッシュ渡部建(都日野OB、スタンドで観戦し)さすが三高ですね。スキがなかった。後輩からは元気をもらいました。立ち見客が出るほど、お客さんを呼べる。いいところを見せてもらいました。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年7月29日のニュース