桐蔭学園 サヨナラ負け 名将 土屋監督勇退「みんなに感謝」

[ 2013年7月29日 06:00 ]

平塚学園に敗れ、町田(右)の肩を抱きながら引き揚げる桐蔭学園・土屋監督

神奈川大会準決勝 桐蔭学園2―3平塚学園

(7月28日 横浜)
 桐蔭学園はエース左腕・斉藤がサヨナラ打を浴び、決勝進出を逃した。

 今夏限りで勇退する土屋恵三郎監督は「勝たせることができなくて申し訳ない。選手は一生懸命やってくれた」と目に涙をためながら敗戦を受け止めた。母校を春夏通算10度の甲子園出場に導いた59歳の名将は「選手、OB、家族、応援してくれた方々、みんなに感謝している」と締めくくった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年7月29日のニュース