江川 猛スライディングで勝利呼んだ ソフトB4連勝

[ 2013年7月29日 06:00 ]

<ソ・日>お立ち台でファンの声援に応える江川(左)と山崎

パ・リーグ ソフトバンク5-4日本ハム

(7月28日 ヤフオクD)
 必死の突進だ。1点ビハインドの8回1死一、二塁。ソフトバンクのラヘアは投ゴロに倒れた。

 日本ハム・増井が併殺を狙い二塁へ送球したが、一塁走者の江川の激しいスライディングが、遊撃手・大引を引っ掛け一塁への悪送球を誘った。二塁から福田が生還。さらに、2死一、三塁から山崎の遊ゴロ内野安打で決勝点が転がり込んだ。「(相手の)ミスの1点が大きかった」と秋山監督は江川のプレーが試合を分けたと語った。今季2度目の同一カード3連勝に加え、5度目の4連勝で貯金1。04年ドラフト1位の原石は9年目にして輝き始めた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年7月29日のニュース