田中 9回2死から持ち味、帰りかけた観客も引き返した

[ 2013年7月29日 09:18 ]

ナ・リーグ ジャイアンツ1―2カブス

(7月28日 サンフランシスコ)
 ジャイアンツの田中は28日(日本時間29日)、サンフランシスコで行われたカブス戦の9回に代打で出場して四球を選び、二盗を決めた。打率は2割6分7厘。チームは1―2で敗れた。

 田中が地元ファンを沸かせた。1点を追う9回2死から代打で登場し、四球で出塁。「いけると確信があった」と二盗を決め、これが捕手の悪送球を誘って三塁へ。帰りかけていた観客も席に戻って大声援を送ったが、後続が倒れて同点の本塁は踏めなかった。

 打席に入るのは24日以来だが、限られた機会で持ち味を発揮し「こういうことをコツコツとやって、スタメンで出られるようにしたい」と納得の表情だった。(共同)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年7月29日のニュース