川越東 ソフトの名将も脱帽「「あれだけ逆方向に打たれると難しかった」

[ 2013年7月29日 06:00 ]

埼玉大会決勝 川越東1―16浦和学院

(7月28日 県営大宮)
 川越東の初出場の夢はかなわなかった。星野(埼玉)で女子ソフトボール部を15度の全国制覇に導き、今年から就任した渡辺努監督は「あれだけ逆方向に打たれると(打ち取るのは)難しかった」と脱帽した。

 今春の東京六大学リーグの東大戦で、史上3人目の完全試合を達成した早大・高梨の弟で2番の公輔は4打数1安打。「打者も投手も向こうが上。やっぱり強かった」と肩を落とした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年7月29日のニュース