常葉菊川サヨナラで甲子園切符!岩国商27年ぶり、彦根東は初出場

[ 2013年7月29日 15:29 ]

 第95回全国高校野球選手権大会(8月8日から15日間、甲子園)の地方大会は29日、3大会で決勝が行われ、山口大会では岩国商が高川学園を2―1で下し、27年ぶり4度目の出場を決めた。

 岩国商は4回に2点を先行。今春センバツで履正社(大阪)を完封した左腕・高橋が相手打線を1点に抑えて甲子園切符をつかんだ。

 滋賀大会決勝では彦根東が3―1で近江兄弟社に勝ち、初の夏の甲子園出場。静岡大会は常葉菊川が1―0で菊川南陵にサヨナラ勝ちし、5年ぶり4回目の出場を決めた。

 神奈川大会決勝・横浜―平塚学園と、三重大会決勝の三重―菰野は雨のため30日に順延となった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年7月29日のニュース