イチロー「あ、久しぶり」 松井氏と一日だけのチームメートに

[ 2013年7月29日 08:23 ]

始球式前に、ベンチでイチロー選手(左)と話す松井秀喜氏

 巨人、ヤンキースなどで活躍し、レイズを最後に昨年引退した松井秀喜氏(39)が28日(日本時間29日未明)、ヤンキースタジアムでヤ軍と1日限定のマイナー契約を結び、そのまま引退セレモニーに出席。永遠の「ヤンキー(ヤ軍の一員)」として現役生活にピリオドを打った。

 セレモニーではゴルフカートに乗って登場し、ファンの大歓声と拍手に包まれた。松井氏が「最も尊敬できる選手」というジーターから背番号55の額入りユニホームが贈られ、黒田とも握手。ダッグアウトではイチローとも言葉をかわした。松井氏は「球場に入った瞬間から泣きそうだった。ファンの歓声に心を打たれていた」と感激のセレモニーを振り返った。

 ▼イチローの話(松井氏とは)ダッグアウトに出て行く途中で(会って)あ、久しぶり、と。(満員の観衆に)これだけの人が集まったのはすごいこと。

 ▼黒田の話 同じユニホームを着てみて、ニューヨークでプレーする大変さを感じている。7年間やってきて、しっかり結果を残したのはすごいこと。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年7月29日のニュース