大阪桐蔭 履正社にリベンジ 夏連覇へ 森友は怪物退治にも意欲的

[ 2013年7月29日 06:00 ]

優勝を決めガッツポーズする大阪桐蔭・葛川(左)と森友

大阪大会決勝 大阪桐蔭5―1履正社

(7月28日 舞洲)
 昨秋、今春ともに敗れた履正社に雪辱。4季連続出場を決めた大阪桐蔭の森友主将は、柔和な笑みを浮かべた。

 「3度も負けられない、絶対に倒すという気持ちでした。春も夏も全員で優勝旗を返しに行けるのは幸せなことです」。打っては2安打1打点。捕手としても連投の葛川を好リードした大黒柱に対して、西谷監督は「キャッチャー森、キャプテン森に助けられた」と最大級の褒め言葉を贈った。

 昨年は藤浪(阪神)とのバッテリーで春夏連覇を達成。春夏連覇校が翌年も春夏連続出場するのは史上初の快挙だ。聖地には済美(愛媛)の最速157キロ右腕、安楽も帰ってくる。

 「対戦できるのなら、一度はやってみたい」と森友は怪物退治にも意欲的。その舞台が開幕する8月8日は、18回目の誕生日。05年の駒大苫小牧(南北海道)以来、史上7校目の夏連覇の偉業へ向け、森友の熱い夏が始まる。  

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年7月29日のニュース