西武が4連敗でストップ!岸 8回途中無失点で2勝目

[ 2012年4月10日 21:01 ]

楽天戦に先発した西武・岸

パ・リーグ 西武4-0楽天

(4月10日 甲子園)
 西武が連敗を4で止めた。2回に浅村の1号ソロで先制し、4回は米野、栗山の適時打で加点。7回は暴投で1点を加えた。

 試合前まで打率1割3分と苦しんでいた西武の浅村は速球を左翼席に運び「最近チームに貢献できていなかったので何とか塁に出ようと打席に入った。本塁打になってよかった」と喜んだ。

 プロ4年目の浅村は、2008年夏の甲子園大会で主力として活躍し、大阪桐蔭高の優勝に大きく貢献した。それだけに渡辺監督が「浅村は目覚めると思う。(甲子園は)庭みたいなもの」と期待していた通りの一撃だった。

 岸はカーブを効果的に使った緩急がさえ、8回途中無失点で開幕2連勝。楽天は2試合連続で零敗を喫した。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年4月10日のニュース