西 痛い一発…反省も岡田監督は「よう投げたほう」

[ 2012年4月10日 22:10 ]

パ・リーグ オリックス1-2ロッテ

(4月10日 QVC)
 好投を続けていたオリックス先発の西は0―0の6回、井口に浴びた一発が悔やまれた。2死無走者の初球を左越えに運ばれた。「本塁打だけは打たれてはいけない場面」と自らを責めた。

 8回にはホワイトセルに適時打を許して2点目を失い、「もっと考えながらやっていきたい」と反省した。それでも138球を投げ、9安打を浴びながら粘り強く投げた右腕に対し、岡田監督は「よう投げたほう」と評価した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年4月10日のニュース