ミレッジが攻守で貢献「打つことより、守備で貢献うれしい」

[ 2012年4月10日 22:41 ]

セ・リーグ ヤクルト2-1DeNA

(4月10日 神宮)
 ヤクルトのミレッジが攻守で貢献した。好投していたDeNAの国吉から6回に先制の2号ソロ。フォークボールを振り抜いて左翼席へ運び「自分の近くまで呼び込んで打つことを心掛けていた」と納得の様子だ。

 守備では5回と延長10回に好返球でチームを救った。「打つことより、守備で貢献できたのがうれしい。いいポジショニング、いい捕球ができ、いいスローイングができた」と喜んだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年4月10日のニュース