ダル 5失点も勝利投手 イチロー3安打 

[ 2012年4月10日 12:18 ]

さあメジャーデビュー!!最終調整するレンジャーズのダルビッシュ

ア・リーグ レンジャーズ11―5マリナーズ

(4月9日 アーリントン)
 レンジャーズのダルビッシュ有投手(25)は9日(日本時間10日)、アーリントンでのマリナーズ戦に先発した。

 ダルビッシュは5回2/3、球数110球、8安打5三振5四死球5失点。勝利投手の権利を得たまま交代。その後も得点を加えたレンジャーズが11―5で勝ち、ダルビッシュは初登板初勝利を挙げた。

 公式戦初対決となったイチローには3安打を打たれ、「8番・二塁」で出場の川崎には2打数1安打1四球1打点だった。

 ダルビッシュは初回、3番イチローと対戦。公式戦での初対戦はカウント2―2から、詰まりながらも三塁後方に落ちる安打となった。

 さらに4番スモークにも右前打を打たれ満塁となり、5番シーガーに中前2点適時打を浴び、8番川崎には押し出しで初回に計4点を失った。

 2回は1死後、イチローにライトオーバーの二塁打を打たれ、2死三塁からシーガーに右翼線適時二塁打を許し、5点目が入った。

 3回は1死後、川崎に中前打を打たれるなど、2死一、二塁のピンチを招いたが無得点に抑え、4、5回は3者凡退に。

 6回に2死一塁でイチローにこの日3本目の安打となる中前打を打たれ、降板した。

 レンジャーズは初回、5番ヤングの中前適時打などで2点を入れ、3回には6番クルーズの左越え3点本塁打が飛び出し、同点に。4回には9番モアランドの右越え2点本塁打で逆転に成功。さらに3番の主砲ハミルトンも中越え本塁打を放ち、8―5とリードした。

 レンジャーズは8回にも3点本塁打が飛び出し、11―5となった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年4月10日のニュース