どや顔指令!渡辺監督「ケンカと同じでハッタリ大事」

[ 2012年4月10日 06:00 ]

全体練習を見守る西武・渡辺監督

 どや顔で行け!中継ぎ陣の不振で開幕ダッシュに失敗した西武・渡辺監督が、ブルペン再建に向け珍指令だ。全体練習を行った西武ドームで「野球はケンカと同じでハッタリが大事。打たれそうな“ふにゃ”っとした顔はダメ」と力を込めた。

 開幕から1勝6敗。低迷の要因は中継ぎ陣の不振だ。抑えのゴンザレスは4試合で2敗。セットアッパーのマイケル、岡本篤も要所で失敗している。指揮官は「足りない技術は気持ちで補うしかない。俺は(現役時代に)心臓がバクバクでも顔に出さなかった」とハッタリの重要性を説いた。

 調子が悪くても堂々とマウンドに上がり、安打を連発されても打者をにらみつけるような気迫を持ち続けることで活路を開くこともできる。当面は守護神を任される予定のゴンザレスは「自分のベストを尽くしたい」と気合を入れ直していた。

 渡辺監督の青春時代は「ヤンキー」の全盛期。彼らが社会や大人に対して示していたような「強がり」が、不振のブルペン陣が復活するキッカケとなるかもしれない。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年4月10日のニュース