ダル「雰囲気つかめていない」イチローには「綱渡りの投球だったので…」

[ 2012年4月10日 17:33 ]

 レンジャーズのダルビッシュは率直な胸の内を語った。

 ―降板時にファンが総立ちで出迎えた。

 「こんな投球であれだけたたえてくれ、逆に申し訳ないなと思った」

 ―勝利の瞬間は。

 「何回か(チームが)勝っているのをベンチで見ているけど、その時と同じ。チームが勝って良かったなと」

 ―序盤の制球難は。

 「落ち着いていたが、体が勝負にいきたくて、体と精神の状態がアンバランスな状態だった」

 ―過去に経験は。

 「多々ある。1回の気持ちの入り方が調整できなかったとか。それは人間なので誰でもある」

 ―どう立て直したか。

 「あまりこういう投球はしたくないが、気持ちの部分で粘ろうと思った。悪くてもゼロを並べていけばチームに勝利が来るのではと思っていた」

 ―3安打されたイチローについては。

 「すごい選手だし、こっちが綱渡りの投球だったので、誰に対しても打たれて当然だった」

 ―メジャーに求めていたものがあったか。

 「雰囲気というか、まだつかめていない。自分の中に入ってきてない部分がすごくある。それに慣れていけば」(共同)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年4月10日のニュース