大阪出身の塩見 人生初の甲子園へ 西武戦は被打率1割台

[ 2012年4月10日 07:28 ]

ダッシュを繰り返す楽天・塩見

 大阪府出身の楽天・塩見が10日の西武戦で人生初の甲子園登板に臨む。

 甲子園で調整練習を行い、初マウンドの感触をチェック。小、中学生時に阪神―巨人戦をバックネット裏で観戦したことはあるが、登板は野球人生で初めてだ。

 西武戦は昨季2試合で1勝1敗も被打率は.196。「地元で投げることはうれしい。初めてなんで楽しくやります」と意気込んだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年4月10日のニュース