ヤンキース開幕3連敗も…指揮官「そのうち良くなる」

[ 2012年4月10日 06:00 ]

<レイズ・ヤンキース>試合を悲痛な表情で見つめるヤンキースのメンバー

ア・リーグ ヤンキース0―3レイズ

(4月8日 セントピターズバーグ)
 98年以来、ヤンキースは14年ぶりの開幕3連敗を喫した。

 先発ヒューズは序盤からピンチを招き、5回途中2失点で降板。継投で終盤の反撃を待ったが、打線が散発3安打では打つ手なし。昨季地区2位のライバルの前に、重量打線が沈黙した。それでも98年は4月30日に単独首位に立ち、そのまま独走して当時リーグ記録のシーズン114勝をマーク。ワールドシリーズも制した験のいい年だけに、ジョー・ジラルディ監督は「立ち直りが早いチーム。そのうち良くなる」と意に介していなかった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年4月10日のニュース