甲子園目指すラミおいっ子 日体荏原の入学式に参加

[ 2012年4月10日 18:38 ]

日体荏原高に入学し、甲子園を目指すDeNAのラミレスのおいっ子、ヨンデル・ラミレス

 DeNAのラミレスのおいっ子、ヨンデル・ラミレスが10日、東京都内で行われた日体荏原高(東京)の入学式に参加した。ベネズエラとの国際交流の一環で留学生として迎えられ、野球部の一員となって甲子園出場を目指す。

 9歳から野球を始めたヨンデルは身長189センチの投手で、6人部屋で寮生活を始めたばかり。先輩から日本語を学ぶ日々だが、将来の夢は米大リーグでプレーすること。15歳の右腕は活躍を続ける叔父について「練習と努力のたまもの。見習いたい」と敬意を表し、式典であいさつしたラミレスは「文化を学ぶことが野球の成功につながることを教えてあげたい」とエールを送った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年4月10日のニュース