上原「14年目ですけど、最初はどうしても嫌な感じ」

[ 2012年4月10日 06:00 ]

<レンジャーズ・ホワイトソックス>9回に登板し、1安打無失点に抑えたレンジャーズ・上原(右)はトレアルバとハイタッチ

ア・リーグ レンジャーズ5―0ホワイトソックス

(4月8日 アーリントン)
 レンジャーズの上原は9回の1イニングを無失点と上々の今季初登板を果たした。

 オープン戦は防御率10・61、4被弾と苦しんだが、キャンプ中から続けていた下半身の筋力トレーニングが奏功し、直球の切れが戻った。最速は89マイル(約143キロ)ながら直球で空振り三振を奪うなど、福留に許した安打1本だけに封じた。「(プロ)14年目ですけど、毎年、最初はどうしても嫌な感じ」という初登板。「結果、無失点なのでOKです」と表情も明るかった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年4月10日のニュース