栗山監督苦笑い「何もできなかった」中田10打席連続無安打

[ 2012年4月10日 21:49 ]

パ・リーグ 日本ハム1-3ソフトバンク

(4月10日 ヤフーD)
 日本ハムの栗山監督は試合後、いの一番に「悔しかったね。何もできなかった」と、1点どまりの打線に苦笑いを浮かべた。

 好機は再三あったが、あと1本がなかなか出ない。9回もファルケンボーグから2死一、二塁としたが、陽岱鋼が空振り三振に終わった。

 打線の調子自体は悪くない。気掛かりなのは4番の中田か。今季はまだわずか3安打で、現在10打席連続無安打。ただ、本人は「力任せに振ってしまっている」と打ち損じを強調する。栗山監督も「爆発するよ。信じてやるしかない」と、寄せる期待に揺るぎはないようだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年4月10日のニュース