松田 会心の2ラン!ソフトB 主力大量流出も“定位置”

[ 2012年4月10日 21:30 ]

4回ソフトバンク1死一塁、松田が中越えに勝ち越し2ランを放つ

パ・リーグ ソフトバンク3-1日本ハム

(4月10日 ヤフーD)
 1―1の4回だった。2球目の直球を振り抜いた打球は、角度良く上がったが大ファウル。観客のため息とどよめきが残る中、ソフトバンクの松田は集中力を切らさなかった。

 「三振前のバカ当たりだけはやめておこうと思って食らいついた」という。続く低めの変化球を巧みにすくい上げると、打球はバックスクリーンの左に飛び込んだ。

 決勝の2号2ラン。右の拳を握り締めた会心の当たりに「打った瞬間でしたね」と喜んだ。

 昨オフに主力が大量流出したが、2年連続日本一を狙うチームは、5連勝で早くも“定位置”の首位を走る。3割、30本塁打、30盗塁の「トリプル3」を目標に掲げ、打線を引っ張る28歳は「これからもどんどん勝っていきたい」と力を込めた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年4月10日のニュース