顔面に死球の藤井彰は精密検査へ

[ 2012年4月10日 23:19 ]

2回阪神無死二塁、頭部に死球を受ける阪神・藤井彰

セ・リーグ 阪神10―2広島

(4月10日 マツダ)
 阪神の藤井彰が10日の広島1回戦(マツダ)の二回、大竹の投球を左目下付近に受けた。救急車で広島市内の病院に運ばれ「精密検査が必要」との診断を受けた。

 球団によると11日に検査のために帰阪するという。正捕手が離脱の危機に直面し、1軍で捕手はほかに小宮山だけで、和田監督は「2人しかいないから考えないと」と話した。

続きを表示

「始球式」特集記事

「稲葉篤紀」特集記事

2012年4月10日のニュース