落合氏、爆弾騒動に巻き込まれた…講演会場急きょ変更

[ 2012年4月10日 06:00 ]

 前中日監督で野球評論家の落合博満氏(58)が9日、思わぬ騒動に巻き込まれた。

 栃木県の宇都宮市文化会館で午後4時から6時まで講演会を行う予定だったが、午前10時頃、同施設に「爆弾を仕掛けた。11時頃に爆発する」と男の声で爆破予告の電話がかかってきた。

 同時刻には宇都宮大の入学式が行われており、約2200人が避難。落合氏は会場に到着していなかったが、同施設関係者は「主催者が正午すぎに到着し、警察と話して場所を替えた」と、車で約15分の栃木県青年会館コンセーレに会場を変更して講演会を無事に実施した。

 施設内は警察、消防が捜索したが不審物は見つからなかったという。宇都宮中央署は悪質ないたずらとみて威力業務妨害の疑いで捜査している。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年4月10日のニュース