来季からドーム球場特別ルール統一へお願い行脚

[ 2011年7月30日 06:00 ]

 来季からドーム球場の特別ルール統一を図りたいとしている日本野球機構(NPB)の審判部とプロ野球の規則委員会は29日、井野修審判部長と五十嵐義人規則委員が西武ドームを訪れ、オリックス・岡田監督に協力を求めた。

 ドーム球場の特別ルールは現場責任者の監督に決定権があり、すでに日本ハム・梨田、西武・渡辺両監督にも要請している。井野審判部長は「ドーム球場のグラウンドルールは現在バラバラでプレーする側も審判員側も統一した方がいいですから」と説明。岡田監督も「統一した方がいい」と理解を示し、今後はセ・リーグの巨人、中日にも協力を求める。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年7月30日のニュース