阪神元同僚ショック「こんな形で…」「凄い気を使う選手だった」

[ 2011年7月30日 07:40 ]

 伊良部氏が03年から2年在籍した阪神の関係者も悲しみに暮れた。

 同級生だった片岡打撃コーチは「同じチームでプレーしたし、こんな形で残念」と無念の表情。藪2軍投手コーチが「球が速くてコントロールもいい超一流の投手だった」と言えば、八木2軍打撃コーチは「凄い気を使う選手だった。決起集会とかでも盛り上げることを忘れなかった」と話した。

 フロント陣も当時を振り返り、坂井信也オーナーは「とっつきにくいけど、話したら優しい印象だった」とし、南信男球団社長は「03年の優勝には大いに貢献してくれた」と感謝した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年7月30日のニュース