おかわり君 27号ソロも2試合連続零敗阻止がやっと

[ 2011年7月30日 06:00 ]

<西・オ>9回無死、中村は右越え本塁打を放つ

パ・リーグ 西武1-6オリックス

(7月29日 西武D)
 西武・中村が放った後半戦初アーチの27号ソロは、空砲に終わった。0―6の9回先頭で今季2本目となる右翼席への一発。これでオリックス戦は11試合で10本塁打、打率・419となったが、そのバットも2試合連続零敗を逃れるのがやっとだった。

 「本塁打には何もないです。0点よりは、1点というのはあすにつながる。つなげるしかない」と言葉少なだった。チームは後半戦は3連勝発進も、その後に連敗。首位ソフトバンクとは今季最大の20ゲーム差まで開き、渡辺監督は「こういう試合をしていたら上へは行けない」と険しい表情だった。

 ▼西武・岸(5回2/3を9安打5失点で4敗目)調子は普通だと思う。2死からの失点というのが悔いが残る。

 ▼西武・土井ヘッド兼打撃コーチ(寺原の前に沈黙した打線について)150キロの球を打つのは難しいけど、コンパクトに叩かないと。相手の球速を利用すれば打球は飛んでいく。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年7月30日のニュース