鵜久森 ビデオ判定でプロ初本塁打!

[ 2011年7月30日 22:13 ]

パ・リーグ 日本ハム2-3ソフトバンク

(7月30日 ヤフーD)
 9回1死無走者。代打で出場した日本ハムの鵜久森が放った打球はビデオ判定の結果、右翼ポールに直撃したとしてプロ初本塁打となった。外角直球の流し打ちで「感触は良かったけど、切れるかと思った」と驚きながらダイヤモンドを回った。

 杉内からの貴重な一発で1点差に詰め寄ったが、続く糸井と中田が三振に終わった。愛媛・済美高から入団7年目の24歳は「勝ちがあったら喜べるけど…。次につなげたい」と複雑な表情だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年7月30日のニュース