ヤンキースが伊良部氏の死を悼み声明文「深い悲しみ」

[ 2011年7月30日 06:00 ]

 ヤンキースが、伊良部氏の死去を受けて28日(日本時間29日)に声明文を発表した。

 同氏は97~99年の3年間ヤ軍に所属し、通算29勝20敗、防御率4・80。故ジョージ・スタインブレナーに「太ったヒキガエル」と酷評されたこともあったが、先発ローテーションの一角を務め、98、99年の連続世界一に貢献した右腕に対しての敬意は忘れていない。「深い悲しみを禁じ得ない。ピンストライプのユニホームを着た選手は全員がヤンキースのファミリー。球団に携わっている全員が彼の死を悲しんでいる。彼の妻、2人の子供、友人そして関係者にお悔やみを申し上げたい」との声明文を発表した。

 また、現在指揮を執るジョー・ジラルディ監督は伊良部氏がメジャー初登板初勝利を挙げた97年7月10日のタイガース戦で捕手を務めた。ヤ軍では29日(同30日)のオリオールズ戦で追悼の意を込めて黙とうをささげることも検討している。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年7月30日のニュース