悲しみの現場 伊良部氏自宅 芝は枯れ庭は荒れ放題

[ 2011年7月30日 06:00 ]

遺体が発見された伊良部氏の自宅

 伊良部氏の自宅の扉には、警察による立ち入り禁止のシールが貼られ、室内が見えないようにブラインドが全て閉められていた。

 ミニテニスコート、プール付きの豪邸だが、玄関には伊良部氏が履いていたと思われる靴が3足、2階部分のテラスには子供の靴が転がっていた。

 以前は手入れの行き届いていた庭も現在は荒れ放題で、芝生も枯れている状態。元大リーガーの自殺に、米メディアも自宅へ駆けつけ、上空には報道のヘリコプターも飛ぶなど、普段は閑静な住宅街がけん騒に包まれていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年7月30日のニュース